FC2ブログ

ひとりごと。

今年、ジュニア年代の姿を知る選手が
プロサッカー選手になることが決まりました。

私が育てましたっていう話では
全くなく知ってる選手って話です。

指導者としてサッカーを関わる年数が
まぁまぁ長いので数名そんな選手が
居ます。

彼らがジュニアだった頃。
誰が見ても「あの子は将来プロサッカー選手に
なれるよね」って思ったかと言われれば
答えは絶対「No」です。

今年の選手、去年の選手。2人は岐阜で
ジュニア年代を過ごしていましたが、抜群に
良かったという記憶はありません。

もちろん、素晴らしい選手でしたが
100年に1人というクラスではなかった
と記憶しています。

私の目がクルっていただけなら
すみません。


本当に誰がどうなるのか?
どれくらい成長するのか?

そんな事は分からないと思います。
分かる人には分かるのかもしれませんが。。。
「この子がプロになる」って私には全く分かりません。

まぁ、正直。。。
そこまで行くと「実力」だけやなくて
「運」もあるやろうし。

今の自分がどの立ち位置に居るのかは
何となく分かると思います。

プロサッカー選手という階段を
上っていった彼らもそういった現実を
理解しながら、そこを努力して年数を
掛けて埋めていったのかもしれません。


今のトップチームの選手達。

自分が。

チームの中でどれくらいか。
本巣瑞穂の中でどれくらいか。
岐阜県でどれくらいか。
全国でどれくらいか。
世界でどれくらいか。

その上で、自分の目標は?
そして、その「差」はどうやって埋めますか?

そこまで考えてそれを行動に
出来たら、かなり良いな。

まぁ、そんな選手はほぼ居ないですね。
今のトップチームに1人居れば良い方だな。

それくらいの話。

だから、それが出来たら
目標が達成される可能性は高い。

どこまで目指すのか。
やるか、やらないか。

そういう話。

目標を立てること。
それらはだいたいの選手がやります。

それをより具体的に考え
行動に出来る選手が何人居るのか?

出来る人数は岐阜県でも限りなく
ゼロに近いでしょうね。


さぁ自分は、どうしますか?









スポンサーサイト



2020-01-22 : 未分類 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム