FC2ブログ

U-12 バーモントカップ 県大会 その3。

それぞれの経験。

現在のトップチームは19名。
県大会の登録メンバーは16名。
試合の出場可能メンバーは10名。

それぞれの立場で「県大会」を
経験しました。

大前提に・・・
トップチーム19名の全員で掴んだ
県大会出場権で、県大会ベスト16も
全員で戦った結果。

19名のみんな。
一緒に戦ってくれたことに感謝しています。
本当にありがとう。

現時点で言えば・・・
試合出場時間が多く、結果に直接関わった選手が
大きな経験をした感じ。

ただ

どの経験が、どこで活かされるかは
分かりません。

例えば、メジェールサッカーの歴史で
言えば・・・バーモントカップに全く出れ
なかった選手が、その後の全日本少年
サッカーで活躍したこともあります。

また、その逆も・・・


そして、サッカーというものが人生の
全てなら話は違いますが・・・
様々なことがあって人生なので・・・

自分も高校サッカーで経験したことが
人生の大きなモノになっているし、そこで
した経験は絶対忘れないモノです。

約20年経った今でも鮮明に「心」で覚えています。

現実的な話。
高校でサッカーをすることで多くの費用が
掛かりましたが、そんな経験が出来たことは
本当に良かったと思っています。

反対をせず、高校サッカーをやらせて
くれた親には今でも感謝しています。


今回悔しい、辛い経験になった選手には
申し訳ないという気持ちはあります。

可能であれば全員を試合に直接関わらせて
あげたい気持ちはあります。

ただ

公式戦という場所。
そこを誰もが出場の権利を与えられる環境
には出来ないとも思います。

今のトップチームに頑張っていない選手は
いません。

誰もが試合に出場したいという思いを持ち
与えてもらえるモノではない中で、それを
得るために全員が頑張っています。

そこに競争が生まれます。
そして、競争には「勝敗」が生まれます。

その中で今回は得れなかった、出場出来なかった
選手が居ます。

思い通りにいかない人生の中で
今回の挫折をどう受け止めて、どう
今後に活かすのか?

一生挫折はしない方が良いけど
そんな事はないので、挫折は早めに
経験した方が良いと思っています。

その経験は、その経験をした場所以外で
活きてくるモノだったりします。

様々な経験が、色々な場面で
人としての成長を見せてくれます。

サッカークラブである以上
サッカーのプレイの質の部分で評価されますが
サッカーのみで評価される人生ではないので・・・




ただ

選手はサッカーをしている中で
公式戦に出場することを全力で
目指してほしい。

それをやった上で・・・
結果はどうであれ・・・
後から、色々分かります。

まずは、言い訳せず
全力でサッカーに向き合いましょう。


サッカーに一生懸命な選手に
私は今、持っている自分の全力で
向き合います。



共に、がんばろ。

















スポンサーサイト
2019-06-10 : 未分類 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム