FC2ブログ

ひとりごと。

今年のバーモントカップ県大会が終わりました。
結果はとても悔しいものでした。

指導者として、監督として
こういった大会を何度も
経験させてもらっています。

本当に有難いと思っています。

例えば

バーモントカップ県大会。

この大会に私一人が一生懸命
頑張っても参加することは出来ません。

もし、仮にとても素晴らしい監督だった
としても選手がいないと参加出来ません。

選手はサッカーをメジェールでやりたい
と思っても保護者の理解がないと
やることは出来ません。

もちろん、メジェールというチームが
なかったら参加は出来ません。

多くの人が居て、私はこの大会に
参加することが出来ています。

本当に有難いです。

この大会では公式戦で優勝すると
全国大会ということもあって全員が
必死に戦い、得点が入る度に拍手が
あり、ピンチの時には保護者の方から
悲鳴のような「キャー」という声まで
聞こえます。

選手、監督、保護者・・・
全ての人が熱くなっています。

こういったモノがあることが
本当に幸せだと思います。

勝った時

世間では「おじさん」と言われるような
年齢の人が喜び、もう一人の「おじさん」と
抱き合ったりしてます。

そこまで喜べることが大人になってから
あるのでしょうか?

負けた時

まだまだ子供の小学生が受け止めきれない
くらいの大きさの「悔しさ」を心に感じて
号泣しています。

小学生でそこまで泣けることがあるのでしょうか?

もちろん、サッカーが全てだと言うことでは
ありません。

そういった感情を揺さぶられること
を経験できるというのがいいなって
思っていて、それがサッカーでなくても
良いです。

自分も

大会でドキドキして
選手の素晴らしいプレーに
ワクワクして、勝ったり負けたりして
時には涙を流しそうになったりも
します。流しそうに・・・ね(笑)

大きすぎる話かもしれませんが


人生でそういったモノに出会えたことが
本当に良かったと心から思っています。

あっ

最期の言葉みたいですね・・・
そんなことはないです。

試合前のスタンドを見渡して、試合中の
歓声を聞き、試合後の選手、監督、保護者
の姿を見ていつも「サッカーっていいな」
って思います。

やりたくても、一人では出来ないこと
なのでいつまで出来るかは分からない
けど、こうやって出来ている「今」の
幸せを感じながら日々、頑張っていきたい
ですね。

熱くなれるモノって
人を成長させてくれると
信じています。


たぶん・・・


酔ってますね。


酒に。





スポンサーサイト
2018-06-11 : 未分類 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム