U-12 メジェールカップ。




【1回戦】
〇5-0 神戸
【2回戦】
〇3-1 FC今渡
【準決勝】
△1-1 K-GP
※PK 2-3
【3位決定戦】
×0-1 牛牧

最終順位 16チーム中 4位



準決勝の失点まではいつも通りの
素晴らしい内容だった。

選手の距離感も良く、情報量も
オン、オフのプレーの質も満足できるモノ
だった。

得点も素晴らしい崩しだった。

ただ、後半失点してからは・・・

運動量が落ちて、プレーの質も最悪。
特にボランチはかなりしんどそうだった。

対戦相手の配置は珍しいモノで
いつもはトップやトップ下の選手が
前線にファーストアプローチに行って
いるけど、この試合は前半からボランチが
その仕事をしている状況だった。

その仕事だけでなく、いつもの1対2を
作りにいくこともやり、攻撃になったら
飛び出していくこともやり・・・

いつも以上にダッシュの回数が多く
ランニングの距離は長かった。

あれは誰でもヘバるよねっていう感じ。

ハーフタイムでその辺りの話をしたけど
あえて、ハッキリ決めて指示したわけでは
ないので、後半もボランチが頑張ってしまう
状況は続いてしまった。

失点で気持ちがきれたのか、体力的に
たまたまそのタイミングだったのか、その辺りは
分からないけど、その時からチームとしてかなり
苦しくなった。

何度か対戦している相手だったけど
今の配置にしてから戦うのは初めて
なので、自分も選手も良い経験になった。

あんだけ最初から真面目にチームのために
走ったらそれは、あぁなるよね。

ボランチのとこが上手く機能しなくなったことが
内容を悪くなった原因ではあるけど、彼らが
サボったわけではなく頑張ったからという
捉え方をしている。

この辺りは、選手の体力を向上させるってこと
で改善するっていうよりは
(もちろん、そこは少しでも上げてほしいけど・・・)
チームで戦い方を考えるべきかな。

PK戦に関しては、運が大きく関係している
と思うので外した選手に対して責める気は
全くありません。

外したのも、ひとつの経験。
キッカーをビビって避けていたら
出来ないモノ。

3位決定戦は最初に優勝のチャンスが
無くなった時点で、出場機会が少ない選手で戦う
と、選手に伝えていたので約束通りに。

この試合に出場した選手たちは
チャンスと捉えて頑張れたのか?

試合出たいってのは誰もが抱く感情。
全員にチャンスはある。それを感じ、
そこで頑張れるかどうかが大事。

大会の中で色々な経験が出来たのが
一番の収穫。こういった事を重ねて
成長してくれれば、それが一番。

勝ちを目指して選手と一緒に
頑張っていくけど、勝ち以外にも
大事なモノもたくさんある。

どう勝つか。
そこは育成年代の指導者として
考えないといけないこと。










がんばろ。




スポンサーサイト
2017-09-19 : 未分類 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム