fc2ブログ

私の指導理念。

私は高校を卒業してすぐ、サッカーを指導者と
して関わるようになりました。

それから「指導者と選手」、「保護者と子供」と
いう大人と子供が関わる場面を多く見てきましたが、
チームの方針や保護者の方の考え方によってその
距離感は様々です。

指導者という立場になったことで様々なチームの
「大人と子供」の距離感を気にするようになりました。

チームによっては試合会場で保護者の方が全ての荷物を
運び、運び終わったらテントを設営し、荷物の置き場所
を作り、座るための椅子を用意されているチームがあり
ました。

その間、子供達は立って友達と話をしています。

全部の準備が終わると子供達は当たり前のように用意
された椅子に座っていました。そして、保護者の方が
近くにいるので、子供が何かをしようとする度に大人
の方から「こうしなさい」「あぁしなさい」という声
が聞こえてきました。

子供は、何もせずただ待っているだけ・・・
子供は、大人の言われた通りに動くだけ・・・

人としても、サッカー選手としても「状況判断」を
的確に出来ることは大切なことです。その能力を上げる
には、子供の頃から「状況判断」するという経験が必要
です。

その経験する場を大人が奪っていませんか?

今、何が必要なのか?今、何をするべきなのか?
それらを自分で考えて行動することが成長に繋がると
考えています。

その行動が結果的に成功だったのか、失敗だったのか。
そこに重きを置くのではなく、まずは「自分で考えて
行動しよう」としたことを評価するようにしています。

まだまだ成長過程の子供が考えて行動するので、大人から
見たら「もっとこうすればいいのに!」「何でそうなるの?」
などがいっぱいです。

でも、そのような経験が大事だと思います。
子供の成長には、失敗が必要です。

このようなことを大事にしながら、常に選手と接する
ように心掛けています。色々な失敗を経験することが、
大きな成長に繋がると私は信じています。

私にも子供がいるので、我が子を持つ親として頭では
分かっていても、口や手を出してしまうというのは、
とても理解出来ます。

私も自分の子供が近くにいると、先回りしてしまい、
あとで後悔したことがあります。普段の生活では、
なかなか距離を離すことは難しいかと思います。

だから、サッカーの活動中は、あえて子供と離れて
見守ってみませんか?

失敗をすることで落ち込むことがあるかもしれません。
すぐに手を出さないことで辛い経験をするかもしれません。

でも、「全ては、成長のために・・・」という私の信念を
ご理解していただくとともに、温かい目で見守っていた
だけると幸いです。



U12代表 澤田 雄太











スポンサーサイト



2022-06-21 : 未分類 :
Pagetop

U10/9 TR。

雨の日のTR。

外ではなくて、屋根付きの会場。
コートサイズは狭いけど、TR出来ることが
本当に有難い。

諸事情で・・・
久しぶりに会うが数名。

久しぶりにサッカー出来る喜びを
感じてる様子だった。

その「サッカーやりたい」「サッカー楽しい」
って気持ちが根本にあるのが大切。



足を肩幅に開いて立って・・・
「よーいドン!」って言われると
人間はだいたい、足を1歩後ろに
出して、その足に重心を置いて
その勢いを使って前に出る。

前に早く進みたいのに、なぜか
後ろに1歩出す人間の特性。

って話があります。

そういった無駄な1歩が無くせたら
大きく変わる場面があります。

その辺りを今、実験中です。

根性論、精神論が嫌いなわけではないし
そこも必要だと思うけど、そこだけで指導
すると、自分の描く理想には近づくことが
出来ません。

多くの選手が変化する方法を見つけたい。






がんばろ。







2022-08-17 : 未分類 :
Pagetop

U12/11 石川・和倉遠征 3日目。

【交流戦】
vsFC SOLEO
vs加茂FC


最終日は、交流戦。

色々な確認と新たなことを試す場に
したいと考えていました。

あんな事や、こんな事があって・・・
2試合のみになりました。

怪我の選手も居て、それを我慢させて
プレーするのも、なかなか難しい状況
だったってのもあります。

試合に対してのモチベーションが下がりそうな
状況ではあったけど、それでも気持ちを切らせる
ことなく、戦えた選手が居たことは大きな収穫。

そういった選手が成長していくモノだと思っています。
そういった選手が成長していくべきだと思っています。



3日間の遠征を通じて色々なことがありました。

それぞれ各個人の課題もあるし、チームとしての
課題もあります。サッカーやサッカー以外の部分でも。

それを理解して今後のTRや日々の生活に取り組んで
いくことが一番大切です。

まずは「出来ない」ってことに気づくとこから始まります。
気づいたら、改善するために何が出来るのか考えます。

いきなり「出来る」にはなりません。

少しずつ、コツコツ重ねていくことが大切で、目に見えるモノ
がすぐに表れるとは限りません。自分を信じて、成長を信じて
諦めず、日々重ねていくことでしか成長はありません。

「諦めたら、そこで試合終了ですよ」

本当にその通りです。

あたなが、この遠征で「出来ない」を確認出来たことは
何がありますか?

ピッチ内では?ピッチ外では?

それを「出来る」にするには今日から何をしますか?

大きすぎることを考えることは止めましょう。毎日出来
そうな簡単なことを日々続けることが大事です。

では、その中からどれか1つ今日から始めましょう。

選手の皆さん。
一度整理して、考えましょう。





がんばろ。







2022-08-15 : 未分類 :
Pagetop

3日目 朝。





20220815063848f5b.jpg



朝ご飯。

ここに温泉卵もありましたが
すでにお腹の中です。

トマトと戦ってる選手がちらほら。


2022-08-15 : 未分類 :
Pagetop

U12/11 石川・和倉遠征 2日目。





2022081506075557b.jpg



20220815060757ddc.jpg




【第3回 ダスコンジュニアサッカー大会 U-12】

[予選]
☓0-3 片田FC
☓1-4 スクエア滑川
△0-0 野町SSS
※Dリーグ 4位

[中位トーナメント]
【一回戦】
○2-0 水橋FC(C-3位)
【準決勝】
○1-0 GRANZAS FC(E-3位)
【決勝】
○2-0 スクエア富山(A-3位)
※中位トーナメント 優勝
※20チーム中 9位



中位トーナメント優勝。
最終順位は9位。

大会のトップに立ち、優勝では
ないので、優勝と言っていいかは
微妙ですが。。。

ただ、9位という感じより、トーナメントで
あったので、その頂点を目指して戦っていた
雰囲気でした。

今まで大会で思うような成績が残せて
いない集団。そんな彼らが、勝利に対して
前向きに戦い、掴み取ったモノだと思って
います。

もちろん、内容的には改善しなければいけない
所がまだまだありますが、今までの大会とは
違った結果を出したということは評価して
います。

これが、自信に繋がってくれたらいいな。





がんばろ。






2022-08-15 : 未分類 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム